地域の力で子供達を守り、学びを続ける

★2020年8月7日「方針」を更新しました(全国外国語教育振興協会のガイドライン改訂に伴い)。
★2020年4月10日「方針」を更新しました
・予防措置として、席の間を広げる、または間仕切りを設置することとしました
・パソコン、キーボード等の教具は毎時間、次亜塩素酸水により除菌することとしました
・換気の徹底と次亜塩素酸による空間除菌を行うこととしました
★2020年2月26日「方針」を更新しました。
・「オンライン授業」を受けられるようにしました。

(画面のイメージ)


2020年8月7日改訂
サンシャイン学院合同会社


新型コロナウィルス感染症への対応方針


 サンシャインアカデミーおよび関連施設における新型コロナウィルス感染症につき、以下のとおり対応する。

(信条)
 サンシャインアカデミーはアタマとココロを鍛える場であるが、生徒およびそこに集う方々の生命と身体の安全を最優先するという信条を再確認する。

(原則)
 信頼に足る情報源からの、科学的根拠(エビデンス)に基づいた知見のみに拠って対応方針を定める。
 主として全国外国語教育振興協会が内閣府との調整により定める「民間外国語教育事業者における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に則したものとする。


(対応方針)
 従来の感染症(インフルエンザ等)対応に加えて、以下の方策をとる。

 予防)
 ・ドアノブ等、多数の人が手に触れる箇所の消毒頻度を高める
 ・入室時の20秒手洗いを確実にする
 ・教材の共用を可能な限り少なくする(ボール等を使った活動をしない)
 ・疑いがある際の入館を自粛するよう保護者に要請する
 ・希望する家庭はレッスンにオンラインで参加できるようにする
 ・生徒の席の間の距離を広げる、または飛沫拡散防止のための間仕切りを設置する
 ・パソコン、キーボード等の教具は毎時間、次亜塩素酸水等により除菌する
 ・教室の換気を徹底する

 近隣地区で症例が増加する時)
 ・行政機関、学校からの指示に従いつつ、オンライン授業への切替・臨時休校等の措置をとる

以 上